Unityでのコンポーネント指向のあれこれ

ここ最近コンポーネント指向にハマってたことがあって、あれこれいろいろ試してた。 そこらへんをまとめておく。 己の肉体と技術に限界を感じ 悩みに悩み抜いた結果 彼がたどり着いた結果(さき)はコンポーネント指向であった

〝 G2U4S 〟Convert game data loaded with G2U to ScriptableObject with one click

G2U4S is an asset that converts game data created in Spreadsheet or Excel to Script or ScriptableObject with one click. Use G2U if you work with Spreadsheet, and Excel if offline. ・Cooperation with G2U ・Support Spreadsheet and Excel, sui…

〝 G2U4S 〟G2Uで読み込んだゲームデータを1クリックでScriptableObjectに変換

G2U4Sは、SpreadsheetやExcelで作成したゲームデータを1クリックでScriptやScriptableObjectに変換するアセットです。 Spreadsheetの連携にはG2Uを使用しています(オフラインではExcelで動作可能です)。 ・G2U連携 ・SpreadsheetとExcelに対応(チーム開発に…

メモリの一歩

Unityのゲーム開発においてメモリ不足は問題になりやすいです。 ただメモリ改善を行おうにも、何から始めていいか悩む人も多いかと思います。 ここでは、普段自分が行っているメモリ改善のその一歩を記したいと思います。 ※本記事では具体的な改善方法には触…

M4u 〜 あとがき

【無料化アセット】MVVM(Model-View-ViewModel)パターンでuGUIを制御する日本作家さんによる開発効率系スクリプトが無料化!解説サイトが日本語でわかりやすい「MVVM 4 uGUI」 嬉しいことに上記サイトでM4uを取り上げていただきました☆ 感謝の代わりといって…

MVVM 4 uGUI を無料化

有料販売していたMVVM 4 uGUIですが、無料化しました☆ ・本業が忙しくてなかなかバージョンアップが行えない(個人開発も優先してました) ・リリースから時間が経って、アセットがレガシーになりつつある ・結構前に開発していたVer1.2.0が完成した というと…

Unityで超便利なTweenアセット「DOTween」が好き

ゲーム開発ではいろいろなアニメーションが必要になる。 ・キャラクターモーション ・バトルエフェクト ・UIアニメーション 基本的にはデザイナーさんに作ってもらうけど、ちょっとしたアニメーションはスクリプトで組んでしまうことも多い。 そういう時に便…

Unityでシリアライズ可能なDateTimeを作ってみた

時間をエディタ上で操作したい、ということはままあると思う。 ・プログラムではDateTimeで扱いたい ・ただそのままだとDateTimeはシリアライズ出来ないので、文字列で定義してDateTimeへパースする ・もしくはエディタ拡張で時間操作可能なGUIを表示する、等…

【UnityAsset】SnapScroll – iPhoneのホーム画面のようなスナップスクロールを作る

今までアプリで何度となく作ってきたページ単位でスクロールするいわゆるスナップスクロールというもの。 少しずつ改善を重ね、ようやく良い感じのものが出来たのでAsset化しました☆ 試しにiPhoneのホーム画面を作ってみた(笑) SnapScrollとは 一定の表示領…

【UnityAsset】FPSMemoryFriends – UnityでAndroid/iOSのFPSとメモリ使用量を取得する

初めまして、てんぷらです。C#大好きなUnityエンジニアです☆ 今まで Qiita や ホームページ でブログを書いてきたのですが、 「Qiitaだと個人ネタを載せるのは憚られる」 「ホームページだと記事作成が辛い(;_;)」 という理由から、はてなブログでリニュー…

【Advent Calendar 2016 Unity2】Unity5.6 x C#6

C#大好きてんぷらです。ただ最近はUnityのC#を使うことがほとんどで、UnityのC#はコンパイラが古いためにC#4までしか使えません。 しかし、Unity5.5でついにコンパイラがバージョンアップしました!これでUnityでも近い将来C#6まで使えるようになるはずです☆…

【UnityAsset】GodTouch - Unityエディタ上でタッチの動作を確認できる

UnityでiOS/Android/Editorの共通タッチ処理を実装する ↑こちらの記事が思ったより需要があるようなんで、簡単にAsset化してみた。 GodTouchとは Unityエディタ上でタッチの動作を確認できるAssetです。iOS/Android/エディタで同じ挙動になります。 基本的に…

【UnityAsset】LitJson Ruler - LitJsonを用いた通信処理をExcelで自動化

ここではLitJsonRuler(LJR)の紹介を行いたいと思います。 LJRとは LJRは、LitJsonを用いた通信のやり取りを、Excelで全て自動化したAssetです。 LitJsonはJsonをクラス化することが可能で、データのオブジェクト化が容易なライブラリかと思います。とても…

【UnityAsset】SocialWorker - Twitter、Facebook、Line、Instagram、メールへの個別連携

ここではSocialWorkerの紹介を行いたいと思います。 SocialWorkerとは SocialWorkerは、iOS/AndroidでのTwitter、Facebook、Line、Instagram、メールへの連携を簡単に行うことが出来るAssetです。 - 連携可能データ:メッセージ/画像 - OAuth認証:なし Soci…

【UnityAsset】MVVM 4 uGUI - デモ

ここではM4uの使用方法を説明します。 M4uがどんなAssetかは【UnityAsset】MVVM 4 uGUI - uGUIにMVVM(Model-View-ViewModel)パターンを導入をご覧下さい。 はじめに まずはuGUIにデータをバインドするための準備です。自分が普段行っているやり方を紹介しま…